トップ

保湿アンチエイジング

エイジングサインとは

エイジングサイン感じてますか?

加齢と共に感じる肌トラブルのことをエイジングサインと呼びます。シミ、しわのような分かりやすいものだけではなく、頬のたるみ、口角が下がってほうれい線が目立つ、毛穴の目立ち、化粧水が浸透しない、化粧ノリが悪い、顔のくすみ、顔の輪郭がぼやけるといったエイジングサインに気付いたなら、今まで使っているスキンケアを見直すタイミングが来ています。
早めにエイジングサインに気付いて対処することがアンチエイジングには欠かせません。
おすすめのアンチエイジング化粧品ならこちら。

<乾燥によるエイジングサイン>

エイジングサインの大きな原因になっているのが、加齢と紫外線による肌の乾燥です。
特に肌トラブルの多くは紫外線が原因になっていて、紫外線A波は肌の奥まで届いてコラーゲンやエラスチンを壊す酵素を増やします。紫外線により肌のバリア機能が低下すると、肌から水分が奪われやすくなります。
加齢によっても肌の水分量が減っていき、潤いを保つ機能自体も低下していきます。

潤った健康な肌では肌表面のバリア機能が正常に働いていますので、肌を外的刺激や紫外線などから守ることが出来ます。ですが乾燥した肌は守ることができず、どんどん乾燥が進み肌にはシミ、シワ、たるみなどのエイジングサインが見られるようになります。

<活性酸素によるエイジングサイン>

紫外線のダメージや、ストレス、乱れた食生活、喫煙などの生活習慣は活性酸素を作り出します。活性酸素は本来、体を守ろうとして作られるもので1-5%程度なら問題はありません。ですが過剰に作られた活性酸素は、強力な酸化力で肌を酸化させてしまいます。その酸化によるエイジングサインで代表的なものはシミです。ターンオーバーが乱れて出来てしまったメラニンがうまく排出できないとシミになってしまいます。またコラーゲンも酸化から弾力がなくなってしまいますので、肌のたるみの原因にもなります。

Copyright © エイジングサインとは. All rights reserved.